2017年3月 6日 (月)

第7回春季栄区美術家協会展終わる

3月1日から行われた展覧会が天候に恵まれ無事終了しました。

ブログ更新が遅れ、展覧会のご案内ができなくてしまいました。

遅ればせながら、報告とさせていただきます。


Img_2746

春の展覧会は、小品をということで、ささやかな作品ですがご覧ください。

Img_2716

緑釉皿です。りんご灰で作った織部釉で、掛ける厚さによって色合いが変わり釉掛けが難しいです。

Img_2720


白化粧をしたお皿、白化粧の掛けどきが難しいです。
春の雰囲気が出たでしょうか。

Img_2717


小さな香合4点です。
お雛様は、可愛くちょっと描いて見ました。

Img_2722


Img_2721


Img_2723


Img_2724

5月10日から、第12回桂窯作陶展をリリスで行います。
現在、生徒さんの作品作りで忙しくなって来ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月26日 (土)

来年は酉年

11月も残すところあとわずか、それで、今日は来年に向けて鶏の紹介です。

先日、お友達から鶏を布で作る型紙をいただきましたので、作って見ました。

お友達のようにはうまくいかなかったけど紹介します。


Img_2557


もう一つは、粘土で作って焼いた鶏さんです。
もう少しまあるく作れたら良かったですね。また、作ってみようかな。


Dsc00122


他にもきっと色々な作り方があるのでしょうね。

作るって楽しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

さくひん紹介

昨日は、11月の時期としては57年ぶりの積雪でした。
思いがけない寒さにびっくり。snow

さて、還元で窯を焚きました。作品を、少々紹介します。

焼きあがって並んだ愛しい作品たち。

Img_2606_2


TOさんの夫婦茶碗。いい雰囲気。

Img_2605


TMさんの大鉢。ダイナミックです。

Img_2603


KKさんの招き猫。きっと幸せな福を招いてくれるわね。

Img_2600_3


KIさんの大皿。民藝の作品のようですね。

Img_2599


KFさんのお孫さんの絵をお皿に描き写しました。かわいいね。

Img_2598


KFさんの急須と茶碗セット。japanesetea素敵です。

Img_2589_8


2年ぶりになりますが、来年5月9日から桂窯作陶展がリリスギャラリーで開催されることになりました。
どんな作品展になるか、今から楽しみです。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 4日 (金)

第31回栄区美術家協会展始まる

爽やかな秋空、絶好の行楽日和になりました。

さて、本日から栄区美術家協会展が始まりました。

私も作品とチャリティーバザールの品物を出品しています。

近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。heart

いつもながら思うことは、31回一度も休まず出品し続けることができていることへの感謝です。

今も健康で好きな作品作りができることは幸せなことだと!!


作品は、これから、もっと大作や高度な技術の必要とされるものに、そして自分の心の内にあるものを

表現していけたらと思います。道は遠くて長いですね。


Img_2580

Img_2579


Img_2578


Img_2577


チャリティー風景、アクセサリーやミニ花瓶、富士山のお皿を出しました。

Img_2581


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

十五夜の日に

神奈川フィルのコンサートに行きました。

今日の演奏は、シベリウスの「フィンランディア」と「交響曲第1番、第7番」でした。アンコール曲は「カレリア」です。

帰りに桜木町みなとみらいの動く歩道で15夜の月を見ました。観覧車やビルのキラキラする光の中で、丸い大きな

月がきっと何万年も前の人も見ていた月が冴え冴えと輝いていました。

さて、先日、ヘルシンキとバルト3国の旅から帰ってきました。

旅の思い出にと、写真をDVDに取り込んで、音楽も入れたのですがその曲が、今日聞いたシベリウスの曲でした。

聞きながら、旅を思い出したりして大好きな曲が尚更大好きな曲になりました。

旅では、リトアニアのカウナスで杉原千畝さんの記念館に行きました。そこで偶然に杉原さんの息子さんにお会い

することができて幸運でした。「命のビザ」を発行し続けて6千人ものユダヤ人を救った話を聞きました。

今回の旅が意味のある旅になったような気がして嬉しかったです。heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

作品の紹介

残暑厳しいこの頃です。
とにかく、地球がどうかなってきたのでしょうか。
災害が全て今まで経験したことがないような規模で起きています。

雨が降ったかと思えば、土砂崩れや川の氾濫。
台風は、戻ってきて災害を起こすといった具合。

なんとも不安要素の多いこの頃です。

でも、桂窯はのんびりムードで平和です。おしゃべりあり、お茶あり、陶芸もありといった具合。

新しい作品が窯から出てくれば、焼きはどうだったの。歪んだの。釉薬はうまくいっただの。

今日は、新しいい作品を紹介します。happy01

最初は、K . I さんの扁壺です。板作りです。いっちんで絵を描いて、透明釉薬をかけました。
バランスよく素敵です。heart


Photo


同じく、I さんのカップです。
撥水剤で抜いたり、釉薬を掛け分けたり、形も上出来sign03


Photo_2

次は、K . F  さんのカップとコーヒーピッチャーです。
小さな水玉模様のドット柄が可愛いですね。取っ手の色もとってもいいね。ribbon


Photo_3


同じく、F さんの蕎麦猪口です。
使いやすそう。鬼板で書いた線がダイナミックです。


Photo_4


今回は、還元で焼きました。次回は、酸化焼成します。
では、またごきげんよう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月25日 (月)

母の死

5月27日、母が95歳の生涯を閉じました。

去年の1月転んで大腿骨を骨折してから、歩くことができなくなり、徐々に衰えていきました。

肺炎になり、食べる力が弱り、最後には、お水が飲めなくなりました。

延命措置はしない自然死が一番母にとって幸せではないかと考えました。

病院に行くことなく、安らかな最期でした。 これでよかったとつくづく思います。

波乱万丈の人生、辛いこともたくさんありましたが、

老後は、孫やひ孫に恵まれた穏やかで楽しい毎日だったと思います。

7月18日、石川県大聖寺にある願成寺で49日の法要をして、父の眠るお墓に入りました。

寂しいです。

母は、お茶、お花、裁縫、料理、どれを取っても上手でした。

読書会をしたり、旅日記を書いたり、「志ん子の戦後史」という自分史を書いたり、俳句を作ったり、

絵を描いたりして生活を楽しんでいました。

祖父母の看病が終わってからは、公民館の主事を引き受けてはじけたように生き生きとして活動しました。

母がこんなに力のある人だったことにそれまで私は気がつきませんでした。

それまで主婦として、黙々と姑や夫に仕えて働く母の姿ばかりを見てきたからです。

父が亡くなってから2年半、私と夫と母の3人で暮らしました。いい思い出です。

母の言葉は、まず「ありがとう。」の感謝から始まります。誰に対しても優しく感謝の気持ちを伝えました。

お世話になった「かりん」のスタッフの方々に、「志んさん、志んさん」と愛され親しまれました。

ユーモアたっぷり、愚痴を一度も聞いたことがなく、正義感が強く、明るく前向きな母は、

私の最も尊敬する人生の師です。

長い間、本当にありがとう。

父も母もずっと私の心の中にいるからね。

P5310150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 3日 (日)

夏みかんで。

お友達に頂いた夏みかんでマーマレードとオレンジピールを作りました。


マーマレードは毎日の朝食のヨーグルトに入れて食べると元気な朝が迎えられるような気がします。

Img_1568


オレンジピールは夏みかんの表面の皮をピーラーで薄くむいて、適当な大きさにカット、
茹でて苦味を取り、ゆっくり土鍋で砂糖を加えて煮詰めていきます。
ざるで乾かし出来上がり。

Tさんのみかんのおかげで美味しいオレンジピールが出来上がりました。heart

Img_1569


Img_1570


ワインにも合いますね。wine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

老人ホームへ

前回、下絵付けをしてもらった器を本焼きして、アミーユホームへ持って行きました。

今日も笑顔で出迎えてくださいました。

そして出来上がった作品を見てとっても喜んでくださいました。

どの作品もそれぞれ素敵でした。

「よかったなあ」hearthappy01

今日も、玉作りで皿や茶碗などを作りました。


Img_1562_1


Img_1563_1


月に1回のボランチィアだけど、これからも続けていきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

作品の紹介

続いて作品を紹介します。

最初は T ・ O さんのお猿の置物です。
今年は猿年、出遅れましたが、なんとか3月中に出来上がりました。sweat01

Img_1540


次は、K ・ F さんの湯のみ茶碗です。縦の縞模様が優しいですね。


Img_1539


次は、K  ・ K さんのお抹茶碗2点です。
お友達に差し上げるために作られました。
一つは、志野茶碗、もう一つは、和紙染めの茶碗です。どちらも玉作りで作りました。

Img_1524


Img_1520


次は、A ・ T さんのペン立てです。
模様を彫って織部釉をかけました。彫ったくぼみに釉薬が入り綺麗ですね。


Img_1488

おしまいは、M ・ K さんのお茶入れです。
備前の土で作り、焼きしめました。
とても良い姿になりました。

Img_1481


どれも、力作ぞろいですね。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«作品の紹介